Menu

採用試験に応募するときの注意点

0 Comment

「就職氷河時代」と最初に呼称された時期の若者たちは、マスコミが報道する内容や社会の風潮にどっぷり浸かる内に「就職が可能なだけ掘り出し物だ」などと仕事する場所をあまり考えず決めてしまった。
目下就職運動をしている企業というのが自ずからの第一希望の企業でないために、志望動機というものが見つからないという迷いが今の期間にはなんだか多いのです。
【応募するときの注意点】絶対にこんな仕事がやりたいという希望や方向性、あるいは理想がはっきりしたものもないし、あれもこれもと迷った末に、挙句の果てに本当は自分が何をしたいのか面接で企業の担当者に伝えることができない人が多い。
世間でいう会社説明会とは、会社側が催すガイダンスのことで、よくセミナーとも呼ばれます。その会社を志望する生徒や求人広告に応募してきた人を集めて、その会社の会社概要や募集要項といったことを明らかにするというのが標準的なものです。
【転職するなら】退職金がもらえるとしても自己都合による退職であれば会社にもよるけれども、全額は受け取れないので、退職するまでに再就職先の入社日が決まってから退職するべきなのだ。
現在よりも賃金自体や職務上の対応が手厚い会社が存在したような際に、自分自身が会社を変わることを志望中なのであれば思い切って決断することも重視すべき点です。

タグ: , ,